金庫の種類と性能

金庫の耐用年数

これまで、金庫は購入すると半永久的に使えると思われがちですが、その耐用年数は20年と定めています。
(日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会)

なぜ耐用年数は約20年なのか?

日セフ連では、各メーカーの製造後5年~30年を経過した耐火金庫を対象に、耐火材を取り出し、水分量を測定し経年変化調査しました。
また実際に(一財)建材試験センターにおいて製造後15年~21年を経過した耐火金庫を実際の耐火試験による耐火性能の経年変化を検証しました。

耐火材の経年変化
金庫の耐火材に含まれる水分には、耐火材成分と結合し焼失しにくい結晶水と耐火成分と結合せ焼失しやすい自由水があります。結晶水には経年変化がほとんどありませんでしたが、自由数位は製造後少しずつ気化して、20年を経過すると結晶水と自由水を合わせた水分量の20%程度が焼失します。 そのため、水分量の低下とともに耐火性能が低下することとなります。

耐火性能は製造後20年で概ね20%低下します。
  • ※金庫の設置環境や使用条件などによって、耐火性能の低下率は変わります。

耐火性能がすでに限界に達した金庫として、以下が考えらえます。

昔の金庫 20~30年以上
使用した金庫(現行品)
戦前・戦後 主として戦後から昭和30年代まで
砂入り・桐箱入り等 粉末(ケイソウ土)耐火材 気泡コンクリート
砂入り・桐箱入り等 粉末(ケイソウ土)耐火材 気泡コンクリート
砂が沈下して金庫上部に空間が生じ、上部から火が入る。 固めた粉体が萎縮し、粉状化・高熱による耐火材の壁体内での流動化・渦流現象が発生し、高熱が簡単に内部に伝わる。 金庫に充填されている耐火材の中に含まれている水分が、長年の使用で少しずつ気化して、本来の耐火性能(表示耐火時間)を火災時に十分発揮できない。