金庫のことなら日セフ連 (日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会 FJSF)

金庫設備の種類と性能

耐火性能について

耐火性能は、金庫設備の種類により、
0.5 時間、1 時間、2 時間、3 時間、4 時間の等級があります。


耐火試験規格

1.種類と等級
●金庫室設備
●書庫室設備
0.5・1・2・3・4 時間耐火
(0.5PH・1PH・2PH・3PH・4PH)
●収蔵庫設備 0.5・1・2・3・4 時間耐火
(0.5CH・1CH・2CH・3CH・4CH)
●データ保管室設備 0.5・1・2・3・4 時間耐火
(0.5FH・1FH・2FH・3FH・4FH)
2.合格基準
●金庫室設備
●書庫室設備
庫内最高温度177℃以下
●収蔵庫設備 庫内最高温度80℃以下
●データ保管室設備 庫内最高温度52℃以下
庫内相対湿度80%以下
*試験体の扉を解放し、温度18〜24℃、湿度65%以下の恒温・恒室等を用いて調温・調湿
3.試験方法(加熱方法)
試験体の庫外側が加熱できるよう加熱炉に建て付け、標準温度曲線により加熱を行う。
耐火時間による規定時間加熱後、庫内の温度が低下をはじめるまで、加熱炉に建て付けたままで、自然冷却(放冷)する。
4.試験方法(庫内温度測定点 ★印)
●扉
●扉以外(壁パネル等)

※湿度は、試験体表面から910mm 離れた試験体中央部で測定。