金庫のことなら日セフ連 (日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会 FJSF)

金庫の種類と性能

防盗金庫について

防盗金庫には、破壊試験に使用する工具によって、「耐溶断・耐工具金庫」「耐工具金庫」の2種類に大別されます。
また、攻撃に耐える時間によって等級が定められています。


防盗試験

防盗試験(日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会規格)には、耐溶断・耐工具試験耐工具試験の7等級があります。

試験の種類 等級 試験時間
(1系列当たりの正味実施時間)
耐溶断・耐工具試験 TRTL-15
TRTL-30
TRTL-60
15分
30分
60分
耐工具試験 TL-15
TL-30
TL-60
15分
30分
60分
TS-15 15分

注意) TS-15は、JIS S 1037で耐火金庫に適用する耐破壊性能でバールを中心にした破壊テストです。


試験方法

■種類別に3系列(施錠装置への攻撃、扉をこじ開ける試み及びカンヌキを開放する試み、庫内に侵入口を開ける試み)の試験を規定時間行います。

■TS−15については、2系列(施錠装置への攻撃、扉をこじ開ける試み及びカンヌキを開放する試み)の試験を特定の工具により15分間行います。
(※)工具の準備や交換時間、金庫の移動、作業員の休憩時間は含みません。